ケアマネージャー試験の合格を目指す人の応援サイト

ケアマネージャー試験に独学で一発合格する画期的な勉強法の紹介

ケアマネージャー試験に80%以上の確率で一発合格することが出来ます。
ここで紹介する勉強のコツさえマスターすれば、誰でも短期間でケアマネージャー試験に合格することが出来ます。
6日でマスターするケアマネージャー試験一発合格の画期的な勉強法 こちらをクリック

ケアマネージャー試験合格のために

ケアマネ試験に合格するために

 

ケアマネージャー資格、は福祉系資格の花形的存在です。

 

合格のためには、それなりに高いハードルがあります。

 

ここ数年合格率が20%ほどの推移となっていますので、単純に5人に1人しか合格出来ないということになります。

 

5人に1人などというと、とても自分には無理だとあきらめてしまう方もいるかも知れませんが、絶対にあきらめないで下さい。

 

実は多くの人が、間違った試験対策や勉強法でケアマネージャー試験に挑んでいます。

 

初めから負けるとわかっている戦いに挑んでいるということです。

 

正しい試験対策と、正しい勉強でしっかりと準備を進めれば、ケアマネジャー試験に合格することは決して難しいことではありません。

 

ケアマネ試験チャレンジのためのトピックス

ケアマネ試験合格5つのコツ ケアマネ合格体験記

勉強のやり方を間違えていると絶対に合格出来ません。ケアマネ試験に短期間で合格するためにはコツと要領が大切になってきます。


合格のための5つのコツ

独学で勉強を続ける時に問題なってくるのがモチベーションの維持です。そんなときは、ケアマネ試験に合格した人の生の声を読んでみるのが一番です。


ケアマネ合格体験記を読む

多くの人が知らないケアマネージャー試験対策とは?

現実に、ケアマネージャー試験に80%以上の確率で合格者を出している勉強法があります。

 

信じられないかも知れませんが、コロンブスの卵と一緒で、知っているかいないかだけなのです。

 

そういうやり方を知っている人だけが、効率よく少ない努力でケアマネージャー試験に合格してしまうのです。

 

多くの人が、参考書片手にアンダーラインを引きながら一生懸命間違った勉強法で試験対策をしています。

 

仮にそういったやり方で参考書を頑張って最後までやり遂げたとしても、参考書の最初のページに何が書いてあったすっかり忘れてしまっていると思います。

 

でも、それはあなたの頭が悪いのではなく、勉強のやり方がいけないのです。

 

このサイトでは、ケアマネージャーを目指す人が、一人でも多く正しい勉強のやり方と試験対策を身につけて、合格の栄冠を勝ち取っていただくことを目的としています。

 

世の中、知っている人だけが得をするように出来ています。

 

 

 

ケアマネ試験は一刻も早く挑戦すべきです。

ご存知の方も多いと思いますが、ついにケアマネージャー試験は合格率15%台に突入しました。

 

1998年に実施された第1回のケアマネージャー試験の合格率が44%だったことを考えますと、かなりの難化ということになります。

 

ケアマネ試験に限らず、資格試験は年々難しくなる傾向にあります。

 

「あの時取得しておけば....」

 

とあとになって後悔しないうちに、アクションを起こす必要があります。

 

15%台ならば効率のいい勉強でチャレンジすればまだまだ合格のチャンスはあります。

 

これが10%切るようだと、いよいよケアマネージャー試験も超難関資格の仲間入りということになってしまいますし、独学ではとても合格出来ない資格になってしまう可能性があります。

 

そのうち取ろうなどと、先延ばしせずに、頑張って今年のうちに取得してしまいましょう。

 

ケアマネの受験資格に4年生大学卒業?

厚生労働省が平成24年5月31日に行った「第3回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会」において、ケアマネ試験の受験資格を4年制大学卒業としたうえで国家資格化する案が出されたそうです。

 

現在のケアマネージャー試験は国家試験ではなく、受験資格に学歴は盛り込まれていませんでした。

 

それが国家資格化にともなって、ちょうど社会福祉士と似たような感じの受験資格になる可能性があります。

 

もし、ケアマネージャーの受験資格が4年制大学卒業者に限定されるということになると、非常に狭き門ということになります。

 

現在介護の現場で働きながらケアマネージャーを目指している人がどれだけ4年制大学卒業の学歴を有しているかは分かりませんが、かなりの人が受験資格を失ってしまうのではないでしょうか。

 

そういった意味では、資格は取れる時にとっておいた方がいいということになります。

 

実際にそのような法改正が行われるのかどうかは今のところはっきりしませんが、いつ法改正になってもあわてないように、今のうちにケアマネ試験にチャレンジしておくことを強くお勧めします。

 

あとになって「あの時取得しておけば」と悔やんでもどうにもなりません。